WASEDA-LINKS.COM

わせにゅーplus

2016/08/22

2016年の夏は『SOUND YOUTH2016』へ行こう!

先週は「ROCK IN JAPAN FES」、今週は「SUMMER SONIC」と、音楽フェスが数多く開催されていますね。
そんな中、8月8日から8月19日まで音楽フェス「SOUND YOUTH2016」
の予選が行われていました!

 
ここで「SOUND YOUTH」ってなに?と思った方のためにイベントの概要をお伝えします!

 
「SOUND YOUTH2016」は「バンドサークルのための音楽フェス」を開催する団体、SOUND YOUTH運営事務局さんによって運営されています。

 
サークルを背負ったバンドたちがチームを組んで、「バンドサークルNo.1」を決めるコンテスト形式の団体戦です。サークル単位で行われる審査は特別審査員に加えて、私たち観客による一般投票も対象になります!

 
早稲田リンクスは今週水曜、8月17日(水)に行われた予選にお邪魔させていただきました!ここからは当日のライブレポートをお届けしたいと思います。当日来られなかった方も、「SOUND YOUTH2016」に興味を持たれた方も必読ですよ!

 

まずはオープニングアクトの「Magnolia」(@magnolia_offi)、高校生バンドとは思えないアレンジ豊かな楽曲に惹きつけられました!sound youth2

 

そしていよいよ1サークル目、「慶應義塾大学クロスオーバー研究会」(@Keio_Kuroken)から「クロ研D年バンド」のみなさんです!

sound youth3

 

「フュージョン」というジャンルに激しいギターソロ、キーボードではストリングの要素が合わさった楽曲。聞いていてとても新鮮でした!
お次は「クロ研部長バンド」のみなさんです。

sound youth4

 

細かいフレーズやキメもしっかり揃えられていて、練習量を感じさせられます。サックスやギターのソロも印象的で、飽きさせないインストバンドでした!

 
2サークル目は「東京大学東大オリジナルバンド研究会」(@TOB_theOriginal)のみなさんです。まず1バンド目「BRAINSTORMING」さんの登場!

sound youth5

 

軽く爽やかなギタボの1曲目、ギターとベースが掛け合うフレーズの印象的な2曲目、リズム隊の印象が増して重厚感のある3曲目と、個性豊かな楽曲を披露されていました!

 
2バンド目は「raincoat」のみなさんです!

sound youth6

純粋で爽やかな、日本語歌詞の楽曲を披露!バンド全体の音のバランスが良く、聴いていてとても心地が良かったです。汗の滴る熱い演奏でした!

 
いよいよラストのサークル「明治大学ビートルズ研究会アビィー・ロード」(@meiji_abbeyroad)さんの登場です。1バンド目は「Late Last Order」のみなさん。

sound youth7

 

英詞を饒舌に、抑揚つけて熱唱!激しいサウンドとライブパフォーマンスで会場をラストに向けて盛り上げていました。
2バンド目は「WOKKa」のみなさんです!

sound youth8

 

疾走感のある楽曲に、甘いボーカルさんの声でストレートな歌詞がのります。気持ちのこもったMCにギターソロと、お客さんを楽しませていました!

 
以上、6バンドのみなさんが出演されました。どのバンドも演奏の質が高かったことが印象的です!
こういったイベントでは様々なジャンルが出られるので、普段触れない音楽にも出会えるところが魅力ですね!

 
「SOUND YOUTH2016」の決勝では、この日出演されたサークルの方が選考されるかもしれません…賞金30万円をめぐって繰り広げられる、熱い演奏が待ち遠しいですね。
また、決勝大会のMC はお笑い芸人「POISN GIRL BAND」のお二人が務めます。ライブの合間も楽しませてくださること間違いなしです!

 
そして、ゲストバンドは第1回、2回決勝大会出場経験をもつ「ninja beats」さんが出演します。早稲田生なら一度は観たい、早稲田出身アーティストさんです!
以下、決勝大会の概要です。


決勝
大学生No.1バンドサークル決定!
2016年9月12日(月)
会場:TSUTAYA O-EAST
時間と料金と出場サークルは随時SOUND YOUTH公式Twitter(@SoundYouthJP)にて発表されます。


 

 

今後の最新情報はTwitterアカウント(@SoundYouthJP)にて公開されるそうなので、少しでも興味を持たれたかたはフォローをおすすめします!

 
まだこの夏休みの予定が埋まっていないかたはもちろん、音楽好きな方などなど、私たちと同世代、学生の勇姿をみにいきませんか?


カテゴリー:サークル

わせにゅーカテゴリ
 
Twitter Facebook