WASEDA-LINKS.COM

わせにゅーplus

2016/08/23

ジブリの大博覧会に行ってみた。

私は幼少期スタジオジブリ作品を見て育ちました。となりのトトロや魔女の宅急便など何度も何度もビデオテープを再生し、ドキドキしたことを覚えています。

 

先日、愛知、新潟で大盛況だったジブリの大博覧会が六本木ヒルズで行われていることを知り訪れました。52階の展望台で開催されているというだけで、なんだか胸が高鳴ります。

 

エレベーターを降りて、進んでいくと歴代のジブリ作品の広告ポスターが出迎えてくれ、一気にジブリの世界観に引き込まれました。

 

この博覧会では、広告ポスターの原画や当時の中吊り広告など、作品の宣伝についても知ることができる貴重な機会だと思うのですが、特に印象的だったのは、ポスターに書かれている短いキャッチコピーです。どれもその作品の物語に込められたメッセージを間接的に見る者に伝えるようなコピーで、映画を見なければそのコピーの本当の意味はわからない、そんなコピーがジブリ作品を支えていたことを知りました。

 

他にも、鈴木敏夫プロデューサーのデスクを完全再現したブースや、ネコバスに乗って写真撮影ができるブースなどスタジオジブリファンにはたまらない展示ばかりです。

 

展示を見ている人々はそれぞれのもつ作品との思い出を話し、共有していてたくさんの人々の思い出が詰まった作品なんだなと改めて感じました。幼い頃に比べて、ジブリ作品を見る機会は減ってしまったけど、いつでもその記憶は鮮明に残っていて、様々な思い出と共に思い出すことができる、懐かしく温かい気持ちになることができる博覧会でした。

 

 

家に帰ってすぐにとなりのトトロを再生しました。自分がどんなに年を重ねても、幼い頃と同じように不思議な冒険にドキドキして感動することができ嬉しくなりました。

 


会期
2016年7月7日(木)〜9月11日(日)
※会期中無休
会場
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
開館時間
10:00〜22:00 (最終入場21:30)
公式サイト
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/


 


カテゴリー:コラム

わせにゅーカテゴリ
 
Twitter Facebook