WASEDA-LINKS.COM

わせにゅーplus

2017/08/23

ジメジメとした夏だからこそ美術館・博物館に行こう!

b798247e5f75141ea325565843c6169a_s

 

いよいよ夏本番!というのにジトジトした毎日が続いていますね。あんまりアウトドアな活動ができていない…そんな人には美術館・博物館がおすすめ! 空調の効いた快適な室内で、様々な興味深い展示が楽しめます。また、早稲田大学は今年からキャンパスメンバーズに加入しているため、早大生は学生証を提示することで、国立の美術館・博物館であればチケットを学生団体料金の値段でお得に購入できます。今回は、夏に都内の美術館・博物館で行われる注目の企画展を紹介します!

 


 

1.アルチンボルド展

16世紀のイタリア、ミラノに生まれハプスブルク家の宮廷で活躍した奇想の画家、アルチンボルドの作品を日本で初めて本格的に展示する展覧会。アルチンボルドの作品は果物や野菜などのモチーフを組み合わせた騙し絵的な要素が強く、普段あまり美術館に行かない人でも楽しめる展覧会です!

 


期間:6/20(火)~9/24(日) at国立西洋美術館(JR上野駅公園口より徒歩1分)

料金:大学生 1200円(1000円) ※()内は早大生料金


 

2.ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション

世界屈指の美術館、ボストン美術館の誇るゴッホや喜多川歌麿などの傑作80点のコレクションを紹介する展覧会。本展は古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術と、東西の様々な幅広いジャンルの名品を一度に堪能できる貴重な機会です!

 


期間:7/20(木)~10/9(月) at東京都美術館(JR上野駅公園口より徒歩7分)

料金:大学生 1300円(1100円)


 

3.深海2017 最新研究でせまる生命と地球

深海についての最新研究を紹介する特別展。「生物発光」や「巨大生物」、「超深海」などに焦点を当て、最新映像や全長3メートルのダイオウイカや、オンデンザメなどの貴重な標本を展示するほか、東北地方太平洋沖地震の実態にせまる「深海と巨大災害」、「深海と資源」などを、映像やCGを駆使して紹介する。この特別展に行けば好奇心をくすぐられること間違いなし!

 


期間:7/11(火)~10/1(日) at国立科学博物館(JR上野駅公園口より徒歩5分)

料金:大学生 1600円(1400円)


 

この夏は美術館・博物館に行って充実した文化ライフを送ってみてはいかがでしょうか!

 

 


カテゴリー:コラム,ニュース

わせにゅーカテゴリ
 
Twitter Facebook