社会に出たとき僕たちは何ができるだろう。
そんな漠然とした不安は、自分自身について本気で向き合っていないから生まれる。
とはいえ、学生期間にその“きっかけ”に出会うのは難しく、何が必要とされているのかも分からないまま社会に出ていく。
けれど、果たしてそれでいいのだろうか。

このイベントでは、ゲストにLINE株式会社取締役の舛田氏をはじめ、株式会社リクルートコミュニケーションズのクリエイティブディレクター福家氏、自分の力を科学的に分析するアプリ「GROW」の開発者であるIGS代表福原氏を迎えて、学生時代の経験やそこで得たもの、働くことの意義について意見を交わしていただく。
そして、僕らに求められること、社会に出るとは何かという問いを通して、このイベントは必ず自らを見つめる“きっかけ”となる。
About
日時  2016年11月1日(火)
開場  16:00
開演  16:30
場所  早稲田大学 大隈講堂
入場  無料
Guest

舛田 淳
Masuda Jun



LINE株式会社
取締役 CSMO(Chief Strategy&Marketing Officer)

2008年10月にNAVER Japan株式会社(現LINE株式会社)に入社、事業戦略室室長/チーフストラテジストとして従事。2012年1月、グループの経営統合に伴い、NHN Japan株式会社のNAVER・livedoor・LINEの事業戦略・マーケティング責任者として執行役員/CSMO(Chief Strategy&Marketing Officer)に就任。2013年4月、LINE株式会社に商号変更。引き続き、3ブランドの事業戦略・マーケティング責任者としてLINE株式会社執行役員 CSMOを務め、2014年4月、LINE株式会社 上級執行役員 CSMOに就任。2015年4月には、取締役CSMOに就任し、現在に至る。


福家 孝広 
Fuke Takahiro



株式会社リクルートコミュニケーションズ
クリエイティブディレクター

1979年香川県生まれ。早稲田大学第二文学部、ロンドン芸術大学卒。クリエイティブエージェンシーを経て、現在リクルートグループにてクリエイティブディレクター。在学中は、ザ・ワセダガーディアン64期幹事長、新生早稲田祭したくスタッフ制作局長を務めた。カンヌ国際広告賞、ONE SHOW New York、朝日広告賞など受賞多数。


福原 正大
Fukuhara Masahiro



Institution for a Global Society
代表取締役社長

慶應義塾大学経済学部卒業後、フランスの欧州経営大学院INSEADにてMBA、グランゼコールHECにて国際金融修士、筑波大学大学院企業科学博士課程修了。株式会社東京銀行(現 三菱東京UFJ銀行)入行後、世界最大の資産運用会社バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社に入社。その後最年少Managing Director、取締役に就任。2010年、「世界で競争し共創することができるグローバルリーダー」に必要な能力を育成する教育ベンチャーIGS株式会社を設立。


GROWアプリはこちら

Notice
当日は整列順に入場していただきます。
都合により企画内容を一部変更する可能性があります。ご了承ください。
会場内で係員の指示及び注意事項に従わない場合、入場をお断りすることがあります。
場内で係員の指示及び、注意事項に従わず事故が生じた場合、主催者は一切責任を負いません。

その他、お問い合わせは早稲田リンクスお問い合わせフォームにて受け付けております。
(上記以外の連絡先へのお問い合わせにはお答えいたしかねます。)

©2016 WASAEDA LINKS