記念会堂前、化石発掘なるか?!

2014/12/03

43859

先週から、文キャンにある記念会堂前スペースのコンクリートが工事されていました。

コンクリートの舗装かな、と思われていた方々もいらっしゃるかもしれませんが、実はあれはボーリングを行っていたのです。

 

ボーリングとは、建設などの工事をする際に、事前に行う地質調査のことで、これは国から義務づけられています。

そう、実は記念会堂が工事されるんです!

会堂に地下を増設するそうですね、日程は不明です。

 

なぜボーリングをする必要があるのかというと、その土地に歴史的な資料が眠っているかもしれないからなんです。

それをせず工事をして、土器とかを破壊したらたいへんですものね…。

 

新しい記念会堂の完成、そして文キャンからの遺跡発掘を楽しみに待ちましょう!

 

文責:加藤

« 【12/5】びっくりドンキー高田馬場店OPEN! 女子バスケ優勝! »